2017年09月23日

ノリタケSTML フルジルコニアの前歯ブリッジ症例

IMG_3889.JPG

ノリタケSTML フルジルコニアブリッジのシェードA3 です。既成色ながらとても良いですね。前歯の症例の場合、右の犬歯から左の犬歯までの6本すべてを同時に装着する場合であれば、既成色でも十分かもしれません。生体親和性、審美性、強度そして低価格、いい素材です。
posted by 平田歯科 at 07:56| 写真集

2017年09月02日

カタナジルコニアSTML A3 比較

IMG_3722.JPG
STML A3だけどもvita シェードと比較してみたのが上の写真
posted by 平田歯科 at 11:34| Comment(0) | 写真集

2017年08月28日

金属を使わないセラミック ブリッジ

金属を全く使わないセラミックブリッジです。
材質はノリタケ社100%ジルコニア素材で 出来ています。金属使わないので、金属アレルギーの心配も無く生体親和性があり安全です。口腔内には、できるだけ金属を使わない方が安心です。
既成色ですと価格もリーズナブルです。
IMG_3686.JPG
IMG_3689.JPG
IMG_3687.JPG
IMG_3708.JPG
上の写真は既成色のA dark です。その他A light 、B light があります。写真のブリッジの場合キャンペーン期間中の価格で200,400円税込、1本あたり66,800円税込(通常233,610円税込1本あたり77,870円税込)です。奥歯の場合は、この既成色でもいい感じです。ちなみに既成色でなくフルオーダーカラーは1本あたり128,000円税込です。
前歯は色合わせを行うフルオーダーカラータイプがいいです。症例によっては製作出来ない場合もありますので、気になられる方は一度当院にご相談ください。

ジルコニア素材の良い点(ノリタケカタナジルコニア パンフレットより)
・白い被せものの中でも天然歯のような透明感があるため自然に見えます。
・金属アレルギーの心配がありません。
・白い被せものの中でも丈夫で割れにくいです。
・磨耗しにくい素材のため口の中で長持ちします。
・年月が経過しても歯と歯ぐきの境目が黒ずむことがありません。
posted by 平田歯科 at 16:58| Comment(0) | 写真集

2017年06月01日

ノリタケ社フルジルコニアSTML冠

IMG_3093.JPG
強度抜群の最新素材ジルコニア100%の冠です。小臼歯・大臼歯に限定しておりますが、かなり良いです。

ジルコニア素材の良い点(ノリタケカタナジルコニア パンフレットより)
・白い被せものの中でも天然歯のような透明感があるため自然に見えます。
・金属アレルギーの心配がありません。
・白い被せものの中でも丈夫で割れにくいです。
・磨耗しにくい素材のため口の中で長持ちします。
・年月が経過しても歯と歯ぐきの境目が黒ずむことがありません。
posted by 平田歯科 at 00:38| Comment(0) | 日記

2017年05月22日

フルジルコニア(カタナ ノリタケ)

IMG_3041.JPG
大臼歯にも安心して使用できるジルコニア100%の白い歯が登場しました。ノリタケ社のカナタシステムにて製作いたしますので、信頼性があります。平成29年9月30日までトライアル価格66、800円/本(税込、コア料別途)にて提供中です。

ジルコニア素材の良い点(ノリタケカタナジルコニア パンフレットより)
・白い被せものの中でも天然歯のような透明感があるため自然に見えます。
・金属アレルギーの心配がありません。
・白い被せものの中でも丈夫で割れにくいです。
・磨耗しにくい素材のため口の中で長持ちします。
・年月が経過しても歯と歯ぐきの境目が黒ずむことがありません。
posted by 平田歯科 at 10:55| Comment(0) | 写真集

2016年01月12日

ゴールドインレー

gldin.JPG
石福の20K金合金を使用しています。この金属は、Au、Ag、Cuの三元素のみで組成されており優れた生体親和性を有しています。また優れた圧延性があり、ほぼオートマティカリーに歯質とインレーの密着性を保ちます。長い目でみたらコストパフォーマンスに優れています。
どうしても金属を使った治療が必要な場合、私はこの石福の20k金合金を本当は使いたい。金属アレルギーを起こすリスクが少なく、通常のパラジウム合金より長持ちするからです。基本に忠実な処置を施し大切にメンテナンスできれば一生ものとして考えることもできます。保険が効かないということで、高い物をすすめているように思われがちですが、そういうわけではありません。本当に材料学的にも優れています。
posted by 平田歯科 at 20:44| 日記

2015年03月29日

歯肉付きのブリッジ

歯槽骨欠損が大きく、審美的回復を歯肉付きのブリッジにて行いました。もちろん清掃性も重視してリッジラップ方式を採用しました。このレジン製の歯肉は必要に応じて削除できます。
image.jpgimage.jpg
posted by 平田歯科 at 14:35| 写真集

2015年02月17日

カタナ アベンシア ブロックを2月より新規採用

KATANA CAD.jpg
当院での保険適用のCAD/CAM冠の使用製品はカタナ アベンシア ブロックを2月より新規採用いたしました。
KATANA2.jpg
posted by 平田歯科 at 11:30| 日記

2015年01月30日

保険適用CAD/CAM冠

DSC_2589.JPG
保険が効くタイプのCAD/CAM冠です。半年間で50症例ほど治療させていただきました。これまでのところ破折はありません。良好な経過をたどっています。患者さんが喜んでくださるのでやりがいがあります。
posted by 平田歯科 at 20:02| 写真集

2014年09月22日

シリコン印象材で型を取る(入れ歯)

DSC_2015.JPG
ドイツ製のシリコン印象材です。これでパーシャルデンチャー(部分入れ歯)んお型取りをしてみました。つぎの写真が実際の型取った写真です。
DSC_2014.JPG
ちょうどいい軟らかさで型取りしやすかったです。型取りがうまくいくということは、いい入れ歯の製作において不可欠な条件です。もちろん意思疎通のはかれる優秀な歯科技工士がいての話です。平田歯科では、毎朝診療開始前の30分間、熱い挽きたてのコーヒー片手に 技工士とディスカッションを行っております。
posted by 平田歯科 at 21:12| 日記