2016年01月12日

ゴールドインレー

gldin.JPG
石福の20K金合金を使用しています。この金属は、Au、Ag、Cuの三元素のみで組成されており優れた生体親和性を有しています。また優れた圧延性があり、ほぼオートマティカリーに歯質とインレーの密着性を保ちます。長い目でみたらコストパフォーマンスに優れています。
どうしても金属を使った治療が必要な場合、私はこの石福の20k金合金を本当は使いたい。金属アレルギーを起こすリスクが少なく、通常のパラジウム合金より長持ちするからです。基本に忠実な処置を施し大切にメンテナンスできれば一生ものとして考えることもできます。保険が効かないということで、高い物をすすめているように思われがちですが、そういうわけではありません。本当に材料学的にも優れています。
posted by 平田歯科 at 20:44| 日記