2011年11月27日

ブラックマージン正体A

ハイカラット金合金の土台と、KATANAジルコニアセラミック冠にて治療。歯根の変色部分がわずかに透けてみえていますが、かなり改善できています。ハイカラット金合金使用のため、今後の腐食の心配はなくなりました。
katna.JPG
posted by 平田歯科 at 11:29| 写真集

ブラックマージンの正体@

ブラックマージンの正体の一つは銀合金の土台の黒サビです。ただサビただけならまだしも、歯根までもが腐食されて黒変してしまっています。通常、この銀合金は保険診療で使用されているものです。コストの面から仕方ない現実です。少しでも体に優しい素材を使いたいと考えていらっしゃる患者様におかれましては多少費用がかかるかもしれませんが、こういったところから素材を厳選して治療なされるほうが、後々いい結果が望めると思います。平田歯科では、グラスファイバーポストシステムや生体親和性の高いハイカラット金合金の使用を推奨いたしております。ハイカラット金合金につきましては、現在金価格の高騰により技術・製作費用に加え金合金使用量(時価)分の費用とさせていただいております。DSC_0775 のコピー.JPGブラックマージン
タグ:銀合金
posted by 平田歯科 at 01:45| 写真集

ブラックマージン

治療前写真ではセラミック冠の根元の歯肉が暗赤褐色に見えています。この原因は、使われている金属が腐食して黒くなっているのと、セラミック冠が光を透過しないタイプで、ちょうど日陰のような感じで歯肉の色が暗赤色に見えていることによります。金属の腐食が歯根全体にまで及んでいなかったため、グラスファイバーの土台と、まったく金属を使わない光透過性のあるカタナジルコニアセラミック冠にて治療いたしました。かなり改善できているのがわかります。ブラックマージンDSC_0908.JPG
posted by 平田歯科 at 01:17| 写真集

2011年11月26日

KATANAジルコニアにて治療

20代女性。前歯の審美回復ご希望で来院。数年前に保険のプラスチック冠にて治療されたそうである。が、経年変化による変色劣化が目立ってきて、海外留学の前にキレイにしたいというのが来医院の目的。毎回、車で片道2時間かけて通院されました。左の1本をノリタケ社のKATANAジルコニアセラミック冠にて修復し、その他は、最新のナノフィラーレジンで修復。これで、スマイルにも自信が持てますね。ミスマッチ
プラスチック冠のつなぎ目に段差があるのがわかりますか?
KATANA
平田歯科のKATANAジルコニアセラミック冠は、ジルコニアシェル(内冠)をお皿など有名なノリタケ社の最新テクノロジーで制作され、それに熟練セラミスト田中圭介氏により完成させられます。そしてそれはマイクロスコープ(顕微鏡)を使用して製作されていることを付け加えておきます。¥120,000/1本(税抜き)〜
http://www.dental-plaza.com/article/katana/index.html
タグ:ジルコニア
posted by 平田歯科 at 14:39| 写真集